windows8-メトロ 無効化, 半有効化,全有効化

■「Classic Shell J」の入手先
Windows8快適化ソフト Classic Shell スタートボタン復活
http://classicshell.dnki.co.jp/


1.モダンUIの可否設定

Windows8 になりGUIが二重化されました。モダン(旧称メトロ) UIと、従来のデスクトップUIです。
本サイトでは無料配布ソフ ト「Classic Shell J」のモダン(旧称メトロ) UIを制 限する設定を紹介します。


スタートメニューから設定を選ぶ


Classic Shellのスタートボタンから[Classic スタートメニュー設定]を選択します。

フル設定を選ぶ

 最初は基本設定にボタンが設定しています。
フル設定を選んでください。

Windows8、メトロUIの設定

 フル設定を選ぶと多くのタブメニューが出ます。ここで[Windows8設定]を選んください。
この画面がモダンUI(メトロ)の無効化、半無効化、全有効化を決定します。

 初期値においては全有効化の設定になっています。


2.モダンUIの全有効化設定

  「Classic Shell J」導入時の初期設定です。
この状態の時、モダンUI(メトロ)は全有効となります。

メトロ 有効 設定

3.モダンUIの全無効化設定

メトロ 無効化 設定

 画面をこのようにすると、メトロは無効になります。
要点は2つです。

1.【メトロスクリーンをスキップ】をONにする。
 これでPCはログオン後、直接デスクトップ画面に遷移します。
 メトロのスタートメニューをスキップします。

2.アクティブコーナーの設定を、3選択のうち後2つのいづれかを選ぶ。
 どちらの設定も、スタート画面への遷移メニューを停止します。

スタートスクリーンへの遷移ボタン
 マウスを左下コーナーに移動した時に表示するこのボタンの表示を抑止します。
 スタートスクリーンへの遷移ボタンだけ禁止し、他のコーナーを有効にしたい時は[スタートスクリーン]を選択してください。
 [All]を選んだ場合、全コーナーのボタンを禁止します。

4.モダンUIの半有効化設定

メトロ 半有効化 設定

 モダンUIを半有効化したい時はこのように設定してください。
PCは通常、デスクトップUIで作動する。しかし、必要に応じていつでもスタートスクリーンに遷移できる設定です。


■「Classic Shell J」の入手先
Windows8快適化ソフト Classic Shell スタートボタン復活
http://classicshell.dnki.co.jp/